川崎のパソコン教室・スタディPCネット川崎パレール校です。

今回のテーマですが、Excel資料の見せ方にしてみました。

達成率

上の表にあるように、計画対比のデータをつくるのは、ビジネスのみならず一般的にも使われるExcelの活用シーンではないでしょうか?

ここからがよくあるお話。
「計画比100%を超えているところを解りやすくセルに色をつけて!」
こんな指示が上司から出ることは、ビジネスパーソンにとって、いつもの事と思います。

その時、あなたはどうしてますか?
いちいち、目で見ながらチェックしていませんか?⇒ズバリExcel初心者ですね。
とりあえず、並べ替えを使って100%以上をまとめて、色をつけてますか?⇒まだまだですね。

こんな時は、「条件付き書式」を使えば便利ですよ。

条件付き書式

簡単にいえば、「この条件に合ったトコロに書式を設定して!」とExcelに指示するだけです。
「100%を超えているところのセルを黄色にして、文字を太字にして」と指示するだけで簡単に色分けができてしまいます。

達成率2

これで完成!と思ったあなた!
この記事のタイトルを思い出してください。今回は見せ方がテーマです。
上の表、たしかに100%以上のところに書式が設定されましたけど、どの部門が?というのが、イマイチわかりにくいと思いませんか?
そこで一歩進んで、この様な見せ方はいかがでしょう?

達成率3

どこの部門が100%以上だったか、見やすくなったと思います。
ここまでを、「条件付き書式」を使って設定できたら、Excelのビジネスレベルですかね。

「スパークライン」の記事にも書きましたが、Excelデータでの報告も見せ方次第ではないでしょうか。


友だち追加


今回も、お付きあい頂きありがとうございました。





パソコン教室 スタディPCネット川崎パレール校

川崎市川崎区東田町8番地パレール1階・中央広場
TEL 044-246-5664
総合ホームページ http://kawasaki.studypc.net/

MOS資格対策特設ページ http://mos-kawasaki.com/