こんばんは。
スタディPCネット川崎パレール校です。

この記事で書きたかったことは、ExcelにはExcelの得意分野、
WordにはWordの得意分野があるという事なんです。

文章が主で表やグラフが参考の場合は、やはりWordの方が得意です。
例えば、イメージ画像ですが、

キャプチャ

注:イメージですので文章はテキトーにはめ込んでいます。

表やグラフを使った資料でも文章が多いのなら、こんな感じでWordで作成できるんですね。
では、Wordを使うメリットは?
①文章の改行するポイントなど、いちいち印刷プレビューで確認しなくて済みます。
②また、表やグラフのサイズを自由に変えても、文章は勝手にレイアウトを変えてくれます。
③見えにくいかも知れませんが、図表番号なんかも簡単に設定できます。

これをご覧になってWordも結構使えそう!と、思われた方はゼヒ活用してみて下さい。

ここでワンポイント。

①Excelで作成した表やグラフは簡単にWordにコピーできます。
②また、グラフは直接Wordでも作成できてしまいます。
③チョッと技を使えば、Wordに表を作って関数で集計できます。もちろん並べ替えもできます。

いかかでしょう?

もう一度書きますがOfficeソフトはそれぞれ得意分野があります。
文章作成はWordが得意!
データ作成はExcelがやはり得意!
その使い分けがうまくできると業務効率がアップするのではないでしょうか?

今回もお付き合いいただき、有難うございました。

追伸、
Wordに苦手意識をお持ちの方へ。もしかして原因はコレですか?





パソコン教室 ブログランキングへ