川崎のパソコン教室・スタディPCネット川崎パレール校です。


今回のブログでは、パソコン初心者の方からよくある質問を取り上げてみました。

computer_usb_memory


データをパソコンやUSBメモリーに保存する際に、

「名前を付けて保存」と「上書き保存の」違いってなんですかぁ?

と、よく聞かれます。

では、解説でも。

名前を付けて保存は、その通り名前を付けて保存すること。

上書き保存は、その通り上書き保存すること。

以上です。

・・・・・・・・。

冗談です。


「名前を付けて保存」を使うケース。

①新しくデータを作成して最初にデータを保存する時。

②既に名前が付いているデータの名前を変更して保存したい時。

だいたい、こんなケースで使います。

では、「上書き保存」を使うケース。

①既に名前が付いているデータを更新・変更して同じ名前で同じ場所に保存する時。

こんなケースで使います。

これで、データを保存する時に、迷わずに済むのではないでしょうか。

ところで。

名前を付けて保存を使うケースで、大事な説明をしていないことに気がつきました?

気がついた方は、パソコンに慣れていらっしゃる方なので、

この先は、お読みにならなくてもいいのですが。

名前を付けて保存を使うケースで多用するのが、

③データを別の保存場所に保存する時。

③を理解していない方がけっこういらっしゃいますので、ブログネタにさせていただきました。


友だち追加


今回も、お付きあい頂きありがとうございました。





パソコン教室 スタディPCネット川崎パレール校

川崎市川崎区東田町8番地パレール1階・中央広場
TEL 044-246-5664
総合ホームページ http://kawasaki.studypc.net/

MOS資格対策特設ページ http://mos-kawasaki.com/